むさしの一日
生後半年で我が家にやってきた愛猫むさし(♂)。種類はスコティッシュフォールド。男らしい名前に完全に負けてしまっているとってもやさしくてドンくさくてすんごくキュートなむさしを紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まもなく
むさしの写真更新は、準備中でして、まもなく順次アップする予定です。


今日はなんへの愚痴というか、普段思っていることを、書く場所がないからといってむさしには悪いですが、ここに書かせてもらおうと思います。

最近、飲酒運転にまつわる事件が多いですが、自動車の運転について考えさせられることが多いです。
この頃運転中よく目にするのが、なぜか「自動車最優先」と「法定速度完全無視」という光景です。

優先道路に出る際、手前の歩道を無視して、いきなり道路際まで出てくる。(歩行者や自転車の進行が妨げられます。)
右左折時、横断者が横断歩道を渡ろうとしているのに構わず横切って行く
あるいは、法定速度40km/hの生活道路や市道を60km/h以上で暴走するヤツ、 など・・・

こういうことって私が住む地域だけですかね?
ネットの掲示板みていると、そうではなく全国的なものだと感じました。

これだけ自動車が普及すると、いつか大変なことになる(自分が被害者になる)のではないかと心配しています。
法定速度については、確かに道路幅と交通量を考慮していない状況がしばしば見られますし、40km/hの道路をきっちり40km/h以内で走ることはその時々の状況にもより私も正直100%不可能だと思います。
でも、運転中に目に余る光景を見ることが最近非常に多いです。

「自動車最優先」から「歩行者最優先」にドライバーの意識がいけば、
歩行者に注意する→スピードを落とす→法定速度を意識する→歩行者が居ても止まれるということにつながり、自動車と歩行者が安全に共存できるのではないかと思います。

あと、困ったちゃんといえば、SUVや1BOXタイプの中・大型車ね。君たち、車間距離をとらないと前方車に非常な圧迫感を与えてるってこと、わかってる?(あーっむかつく!)どんな状況でも、前方をあおったりするのも問題外。思いやりのある運転をしてよね。

あー少しすっきりしたぁ。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © むさしの一日. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。